フォト

気軽に投票してね!

  • クリック♪ 投票すると結果が見られます☆

Beads FOREST の本棚

ビーズお店リンク

緑のgoo

  • 毎日の検索で環境貢献
    このパーツから
    Powered by

コラム

NY☆ちょこっとご報告 その2

B05_2 

註:ニューヨークはとても警備が厳しく、ショップ内の撮影は許可されませんでした。そんなわけで、残念ながらショップ内部や商品の写真は撮れませんでしたので、ご了承ください。

地域ごとに人々のファッションも随分異なるため、(やはり格差社会なのですね)「これが流行ってるのね!」とは一概に言えないな~と思いました。
数々のアパレルショップやブランドのお店も見てきましたが、どこもオリジナルのアクセサリーを展開しているのですが、 「手仕事=クラフト感を大切にした商品」を打ち出しているな、と感じました。
手仕事の繊細さ、あたたかさはどこの国でも人気があるようです。

B10

流行、ではないのでしょうが、アクセサリーショップやデパートを覗いて見ると、地金のカラーはゴールドが主流
しかもいわゆる「金色」ではなく日本では見たこともない独特なゴールドカラー。
日本でアクセサリーの金といえば、いわゆる18金が主流ですが、世界的には14金とか16金なども多く使われていて、いろいろな金属との合金があるので、ひとくちに金とはいってもいろいろなカラーと表情があります。

B17

日本でもピンクゴールドは認知度があがってきましたが、ニューヨークで見たゴールドはかすかにグレーがかっていたり、ほんの少しグリーン味を帯びていたり・・・
さすが様々な肌の色の人々が暮らすニューヨーク、自分に最も合ったゴールドを選べるなんて素敵ですね。

B201

NY☆ちょこっとご報告 その1

B03_1

新しいビーズやパーツを探してニューヨークへ行って参りました。
アート、ファッション、経済・・様々な分野で中心となり最先端をいく街。
アクセサリーはどんな様子かしら!?
期待に胸ふくらませ向かいました。

註:ニューヨークはとても警備が厳しく、ショップ内の撮影は許可されませんでした。そんなわけで、残念ながらショップ内部や商品の写真は撮れませんでしたので、ご了承ください。

B21_2

ビーズなど服飾用品の卸問屋の並ぶ界隈は、あまり治安の良くない地域らしくちょっとゴチャゴチャした雰囲気。
でもお店の人達はフレンドリーな方ばかりでした。

B13_1

レンガの壁にペイントされたお店の広告。
雰囲気があって素敵です。

B14_1

日本のビーズはやはり質がそろっていて繊細なので人気です。
ショップのディスプレイも日本式でした。
サンプルや参考作品が飾ってあって、とても見やすいです。
現地のお店は商品だけ並べてあるだけなので、ちょっとそっけない??

B01

先日のサッカーワールドカップでは「敗因は体格差」なんて言われていましたがビーズの世界でもやはり体格差が!!
糸通しの天然石がズラリと並ぶショップでは大半が大粒というか大判な石ばかり!
あまりに大きなビーズ達。
「大ぶりでボリュームあるネックレス」というより、漫画ちっくな「山伏か修行僧?」
なネックレスが作れそうです。

小柄な日本人には無理でも、あちらの体格が立派な方々には需要があるのでしょうか。
「いくら欧米化が進んでも、やはり日本人は繊細で美しいビーズが好きなんです!」
と、小ぶりなタワシ位のストーンビーズに囲まれ心の中で絶叫する私でありました…

B11_2